都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > さくら便り > さくら便り 5月号『食欲不振』

さくら便り

さくら便り 5月号『食欲不振』

若葉の鮮やかな季節になってまいりました。
今回は、食欲がない時にできるお食事の工夫についてお話しさせていただきたいと思います。
がん患者さんの多くは、「食べたい」という気持ちを感じられないことがあります。食欲不振の原因は、化学療法や精神的なストレスなどさまざまですが、明確な理由がない場合もあります。そういった場合にいくつか工夫できることがありますので、ぜひ試してみてください。

 

1.いつでもすぐに食べられるような軽食を準備しておきましょう。
 例えばゼリーや果物、アイスクリームなど手軽に食べられるものには手が伸びやすくなります。

 

 

2.一度に食べる量を減らしてみましょう。
 大きな器に少量を盛ると、見た目で気分が落ち込むこともあるので、小さな器を使うようにしましょう。

 

 

3.寝る前に軽食をとるようにしましょう。
 市販のスープなど手軽な食品を利用するのも良いと思います。

 

 

4.食欲がないときは、できるだけ好きなものを食べるようにしてください
 アイスクリームやプリンのようなカロリーの高いものなど口当たりの良いものが食べやすいかもしれません。

 

 

5.できるだけおいしそうに見えるように、食事の見た目を色彩豊かにしましょう。
 お気に入りの食器を使ったり、果物や野菜をひときれ添えたり、お皿の盛り付けを工夫すると見た目にも食べやすく感じることがあります。

 

 

 

 

 

在宅緩和ケア委員会 田中まさみ

 

«