都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > 診療科目のご案内

診療科目のご案内

 

外科外来 診療日:月~金

担当医師:横山 憲三、中島 三郎、新地 洋之、浦田 正和

胃腸・肛門・乳腺疾患に対する一般的診察・検査・外科的治療を行っております。

食欲不振・嘔気・嘔吐・胸やけ・腹痛といった症状や、下痢・便秘・下血・血便といった便の異常、また排便痛、残便感などの症状のある方、検診で便潜血陽性等の異常を指摘された方は胃腸・肛門疾患の可能性がありますのでご相談ください。

 

肛門外来 診療日:月・火・水・木・金・土 *土曜は予約制

担当医師:横山 憲三、中島 三郎 、新地 洋之

肛門疾患(内痔核・外痔核・痔ろう・裂孔・肛門ポリープ・直腸脱等)の診療を行っております。
肛門診・肛門鏡検査、CT検査、大腸内視鏡検査などを行い、病状によっては入院、手術治療も可能です。

≪主な手術の入院期間≫

  • ジオン硬化療法:5~7日間程度
  • 痔核(内痔核・外痔核)根治術(切除)・痔ろう切除術・慢性裂孔(肛門形成術)・直腸脱[(三輪-Gant法・Delorme法)+Thiersch法]:10~14日間程度

お気軽にご相談下さい。

【肛門疾患の詳細】

 

乳腺外来 診療日:月・火・水・木・金・土  *土曜は予約制

担当医師:横山 憲三、中島 三郎、新地洋之

当院は開院以来、積極的に乳がんの診断と治療を行っています。

乳がんは、早期発見・自己検診が一番重要です。月一回、お乳の柔らかい時に自己検診をしましょう。少しでも乳腺の異常(乳汁の分泌、しこり等)に気づいたら、受診しましょう。

横山憲三医師の診察は主に月・火・金曜日の午前中に検査と診察を行っておりますが、その他の曜日も非常勤医師により診察できますのでお気軽にご相談下さい。予約制の為、お電話にて予約お申込み下さい。

【乳腺専門外来の詳細】

 

ヘルニア外来 診療日:月・木・金

担当医師:中島 三郎

当院では、2013 年から腹腔鏡下手術を導入し、徐々に手術件数が増加傾向にあります。導入から 2015 年までに 41 件、2016 年は 3 月までに、12 件の腹腔鏡下ヘルニア手術を行っております。

上記診療日以外でも、外科担当医師による外来診療も行っております。鼡径部(股の付け根)の不快感・痛み・腫れなどを感じましたらお気軽に相談下さい。

【腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術について】

 

内科外来 診療日:月・火・水・金

担当医師:石田 実雅

生活習慣病、すなわち生活習慣が原因で起こってくる様々な疾患を中心に診療(予防、診断、治療)を行っています。

具体的には高血圧、肥満、糖尿病、脂質異常、高尿酸血症、メタボリック症候群などが対象になります。

高血圧、肥満、糖尿病、脂質異常、高尿酸血症、メタボリック症候群などは、いずれもはっきりとした自覚症状がありません。しかし、ひとたび合併症(脳梗塞・心筋梗塞など)を発症してしまうと、突然、その日から大きな生活レベルの低下(寝たきりなど)、生命の危機に直面してしまいます。そのため、疾患の発症・進行の予防のためには定期的なチェックも必要です。

生活習慣が原因で起こってくるさまざまな疾患を対象に、生活指導や栄養指導、薬物療法などを行うとともに、定期的な血液検査、動脈硬化度等のチェックを行い、合併症の発症予防、ひいては“健康長寿”を目標に診療を行っています。

また糖尿病、内分泌内科、消化器内科、肝臓内科の非常勤の医師(鹿児島大学病院、宮崎大学医学部付属病院)と連携をとりながら、それらの専門的な診断、治療も行います。

 

循環器外来 診療日:月・火・水・金

担当医師:石田 実雅

生活習慣病の代表である循環器疾患に対する診断、生活指導、内服薬を中心とした治療を行っています。

胸部不快感、胸痛、息切れ、呼吸困難感、動悸、腹痛、下肢痛、浮腫などの原因となりえる、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、大動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離)、頸動脈硬化症、弁膜症、心筋症、不整脈、静脈疾患(下肢静脈瘤・深部静脈血栓症)が主な対象になります。

血液検査はもちろん、胸部レントゲン写真、CT、心電図(安静・運動負荷・24時間)、心臓エコー、血管エコー(頸動脈、腹部動脈、下肢動静脈など)、血管脈波検査(ABI/CAVI)などを行いながら疾患の診断、重症度の評価、必要な治療の判断を行っております。

当院は冠動脈造影検査、経皮的冠動脈形成術などは行っておりませんが、緊急治療が必要であれば高次医療機関と速やかに連携をとり治療が迅速に行えるよう努めています。

 

肝臓外来 診療日:水

担当医師:蓮池 悟

肝炎、肝癌等についての診察・治療を行っています。

最近疲れやすい、眼や肌が黄色くなってきた、体重が減ってきた、便の色が白くなった等の症状がある場合、肝臓疾患も考えられます。また、以前にウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎等)を指摘されたが検査を受けていないといった方々も現在の肝炎の状態を把握しておく必要性があります。

診察を行った上で血液検査、超音波・CT検査等により診断を行います。場合によっては血管造影検査等も行います。食道静脈瘤に対する内視鏡を使った治療、肝癌に対するラジオ波熱焼灼療法等も行っております。

毎週水曜日の午前中に診察を、午後に内視鏡検査及び治療を行っております。

 

消化器内科外来 診療日:月・火

担当医師:小牧 祐雅、井上 龍二

消化器疾患の中でも特に潰瘍性大腸炎、クローン病等の炎症性腸疾患、胃・大腸早期癌の内視鏡検査・診断・治療、胆嚢・膵臓疾患の内視鏡検査・診断・治療を行っております。

 

糖尿病外来 診療日:木

担当医師:西尾 善彦、山神 大

糖尿病治療には食事療法・運動療法・薬物療法の3つを上手く組み合わせていく事が必須です。患者さんにわかりやすい説明を心掛け、合併症予防のための生活習慣改善に向けた相談・指導を行っております。また、健康診断で血糖値やHbA1c値を指摘された方、生活習慣病が気になる方、親族に糖尿病の人がいるため自分も心配という方なども、お気軽にご相談ください。

 

整形外科外来 診療日:水(午前のみ)

担当医師:前田 真吾、川上 広高

毎週水曜日に、診療を行っております。一例として、

  • 筋筋膜痛症候群(首や肩のこり・痛みなど)・・・トリガーポイント注射
  • 肩関節周囲炎(五十肩)、変形性膝関節症・・・関節内注射(ヒアルロン酸など)
  • 椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症・・・硬膜外ブロック注射など

また、専門的な治療が必要な場合には、大学病院との連携を図りながらより良い医療の提供に取り組んでおります。

首・肩の痛み、腰痛、手足のしびれ、膝の痛みなどその他の症状でお悩みの方、また、リハビリ通院も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

緩和ケア外来 診療日:火・水(午前)、金(月一不定期)

担当医師:横山 晶子、林 章敏

がんと診断された方の症状コントロール、精神的ケア、在宅ケアへの援助、緩和ケア病棟への円滑な入院などを目的に緩和ケア外来を行っております。

【緩和ケア外来の詳細】

 

放射線科 診療日:週1回(不定期)

担当医師:朝戸 幹雄

主に院内で実施されたCT画像の読影を行っております。また、必要があれば、血管造影検査や肝臓癌に対する肝動脈塞栓療法等も行っております。

 

アトピー外来 診療日:土(午前のみ)

担当医師:横山 晶子

詳しい内容は、こちら  Dr.晶子のアトピー外来

なお、外来診察は、完全予約制(土曜日の午前中のみ不定期)となりますので、診察を希望される方は、前日までにお電話(9:00~17:00)か病院受付窓口にてご予約下さい。

病理

担当医師:野元 三治

詳しい内容は、こちら ≫≫≫ 病理室から