都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > ごあいさつ・あゆみ

三州病院のご案内

理事長 ごあいさつ

理事長 横山 憲三
理事長 横山 憲三

■専門:

  • 胃腸科
  • 肛門科
  • 乳腺科
  • 外科
  • 日本外科学会指導医
  • 日本外科学会専門医
  • 麻酔標榜医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医師

■略歴:

1976年 鹿児島大学医学部卒業
1979年 国立がんセンター研修
1983年 鹿児島大学大学院卒業
(医学博士授与)
1977年~
1988年
鹿児島大学第1外科在局
教授:西満正、島津久明

■所属学会:

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本食道学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本乳房オンコプラスチックサージャリー学会

当院は1988年5月、診断・治療(内視鏡・腹腔鏡・外科手術・化学療法)・病理部門を有する消化器・乳腺の専門病院として開院しました。現在、消化器・乳腺・肛門・高血圧・心疾患を中心に総合外来、整形外科(脊椎・関節)・糖尿病・肝臓・呼吸器専門外来を行っています。

検査部門は内視鏡検査(食道・胃・十二指腸・大腸・気管支)超音波内視鏡検査、超音波検査(腹部・乳腺・心臓)、CT、X線透視検査、マンモグラフィーを行っています。

治療部門では内視鏡治療(内視鏡手術・内視鏡外科)を消化管疾患(胃・大腸・虫垂・直腸)、胆嚢、鼠径ヘルニアに積極的に行っています。痔疾患(内外痔核・脱肛)は症状に適した治療法(ジオン硬化療法・結紮切除術・輪ゴム結紮術・PPH法)を選択しています。乳がんは乳房温存 or 乳房切除+センチネルリンパ節生検 or 腋窩郭清を行い、手術前後の化学療法を組み合わせた集学的治療を積極的に行っています。

病理部門は、生検・手術切除検体を標本作製(術中迅速切片)し、即座に良性、悪性、転移の有無を診断し術式を選択できる体制を整えており、がん手術の適切かつ迅速な治療に寄与しています。

診療体制は鹿児島大学消化器・乳腺・甲状腺外科学、消化器・生活習慣病内科学、呼吸器外科学、整形外科学、麻酔・蘇生学、糖尿病各教室、宮崎大学消化器・血液内科学教室より派遣された専門の先生方を交えてスタッフがカンファレンスを行い、患者様にとって最善の治療を行っています。

また、2000年5月に宮崎県で最初に緩和ケア病棟を既設病棟内に併設し、がんと診断された患者様のより良い Quality of life(生活の質の向上)を目指し、全人的ケアを行っています。2009年12月に新たに「すみれ病棟」が完成し、緩和ケア病棟も17床から27床に増床されました。急性期病床40床と合わせて67床となり、初期のがん治療から終末期医療まで一貫して提供できる体制が充実しました。

当院はがんの診断・治療・終末期ケアまで一貫として行うとの医療方針のもと、これからも地域に根ざした患者様に信頼される病院を目指して職員一同研鑽に努めて参ります。

 

 

理事長あいさつ

皆さまにおかれましてはお変わりなくご清祥の事と存じます。
コロナ新株やオリンピック開催などのニュースに気を取られているうちに桜も満開となってしまいました。

さて、当院は2021年5月8日で開院33年となります。その節目の年に院長として新地洋之先生をお迎えする事となりました。

新地洋之先生は鹿児島大学医学部教授として診療・研究・教育にご活躍してこられました。ご専門の肝胆膵外科を中心とした医療はもちろんこれまでの豊富な経験をこの都城の地で展開してくださるものと期待しているところです。

新地洋之院長の下、更に「患者さま中心の質の高い医療の提供」の実現に努力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

理事長 横山 憲三

 

倫生会 基本理念
「患者様中心の質の高い医療の提供」

 

医療方針
  1. 消化器・循環器・乳腺・肛門疾患を中心に質の高い医療の提供を行います。
  2. 疾患の予防、的確な診断・治療、および緩和ケアまで、一貫した医療を行います。
  3. 患者・家族のニーズに沿った医療と緩和ケアに積極的に取り組みます。

 

院長あいさつ

このたび長年勤務いたしました鹿児島大学を退職し、4月1日より医療法人倫生会三州病院長に就任いたしました。
私は1985年鹿児島大学医学部を卒業後、同大学第一外科(現在の消化器外科・乳腺甲状腺外科)に入局し、長年胃・大腸・肛門および肝臓・胆嚢・膵臓疾患の手術に携わって来ました。とくに胆石症や膵臓癌については専門的に診断と治療(手術や抗がん剤治療)を行って来ました。

三州病院は消化器・乳腺・肛門・高血圧・心臓疾患のほかに、整形外科(脊椎・関節)・糖尿病・肝臓専門外来を開設しております。また、診断・治療(内視鏡手術・腹腔鏡手術・開腹外科手術・化学療法)・病理部門を有する消化器・乳腺の専門病院として、これまで多くの患者様の診療を行ってまいりました。

これからも当院の専門外来心臓、高血圧、消化器、乳腺、ヘルニア、肛門疾患、緩和ケア・訪問看護ステーションを中心に、手術、化学療法を積極的に行ってまいります。

これまでの経験と実績を生かして 質の高い医療とともに患者様に寄り添う心温まる優しい医療をご提供し、地域の方々に信頼される病院を目指して行きたいと思っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

院長 新地 洋之

副院長・内科部長あいさつ

あけましておめでとうございます。

昨年は「新型コロナウイルス感染症」で1年があっという間に過ぎてしまいました。

人類の歴史は感染症に脅かされてきた歴史です。13世紀ハンセン病、14世紀ペスト、16世紀梅毒、17世紀インフルエンザ、18世紀天然痘、19世紀コレラと結核、20世紀にはスペイン風邪(3年で死者2000万人以上)、アジア風邪、香港風邪、ソ連風邪の大流行が起こり、その後もエボラ出血熱、エイズ、腸管出血性大腸菌感染症、21世紀になるとSARS、MERS、そして新型コロナウイルス感染症(2020.12時点で死者160万人)と平均すれば4~5年ごとに未知の感染症が襲ってきています。

しかし、長い歴史の中で人類は感染症に打ち勝つ?ことはできていませんが、打ち負かされてもいません。

新型コロナウイルス感染症に対してもワクチンの開発もすすめられ、日本でも3月頃からは接種が開始されそうです。

新型コロナウイルスとの平和的な共存ができる日が1日もはやく訪れ、皆様に取りましてより今年が佳き年になりますよう、心より祈念致しまして、新年の挨拶とさせて頂きます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

副院長・内科部長 石田 実雅

副院長・緩和ケア病棟医長あいさつ

新年明けましておめでとうございます。

昨年はコロナ渦の中でこれまで大事にしてきた緩和ケア病棟でのケアの様式を変更せざるを得ない局面が数々ありました。

一番はやはりご家族面会が制限された事です。流行地域のみならず、都城市内の医療機関でも面会制限や禁止が実施されました。コロナ感染対策と限りある時間を愛するご家族と過ごして頂きたいとの相反する思いの中で、その都度スタッフ・総師長と共に相談させて頂きました。幸いにコロナの院内感染もなく其々のスタイルでご家族と過ごせる時間を設ける事ができました。

また、病室に日常の風を運んで頂いていましたボランティア活動も休止となりました。ボランティアの方々には及びませんが院内のボランティア委員会のスタッフがお花や貝殻など、少しでも季節を感じる事ができるようにお部屋に届けさせて頂きました。

通常通りのケアが提供できず、患者様・ご家族の方に御不自由をおかけいたしました。

さて、今年はどのような年になるのでしょうか。これまで当たり前に行っていた緩和ケアの種々の様式の変更を余儀なくされるのでしょうか。コロナにより「日常を過ごせることの有難さ、大事さ」を更に強く感じています。患者様・ご家族にとって何が大事なのか、これからもその都度みんなで考えて変化していく社会の中で緩和ケアを提供していきたいと思います。

皆様、今年も宜しくお願い申し上げます。

副院長・緩和ケア病棟医長 横山 晶子

副院長・診療協力部門長あいさつ

明けましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウィルス感染症のため、先の見通しの立たない難しい1年となりました。今までに経験したことのない状況で迎える新年、今年ばかりであってほしいと願うばかりです。

当院も感染症対策を遵守しているため、患者様やご家族の皆様にもご理解とご協力を頂きながら日々の診療や業務を行っております。健康教室・家族会・勉強会・委員会等の開催も中止や延期となり、地域の皆様や医療関係者との交流だけでなく職員同士の3密も制限している状況です。

しかし、このような状況だからこそ「発想の転換」をして、コロナ禍だからこその「働き方改革」「業務改善」を検討し、地域の皆様にこれまで同様、それ以上の医療をご提供していきます。

本年も宜しくお願い致します。

副院長・診療協力部門長 友重 雅美

総看護師長あいさつ

新年明けましておめでとうございます。

2020年は全国の新型コロナウイルス感染症拡大で、3密を避けた生活が基本となり、医療の在り方が大きく変化した年でした。

緊急事態宣言発令により、緩和ケア病棟でもご家族の面会が制限され、感染拡大地域からのご家族の面会は難しい状況となりました。限られた時間の中で『一目でも会いたい』というご家族の思いにお応えするために、さくら病棟1階のガラス越しの面会や短時間の面会など工夫し、面会制限の中でも多くのご家族に会っていただく事ができた1年でした。

また、訪問看護ステーション「もも」は、開設3年目を迎えましたが、感染症拡大で変化した時代にあっても、医療機関と在宅を繋ぎ24時間体制での訪問診療など地域に密着した緩和ケアを実践する事ができました。

今年は、十二支の2番手となる丑年、忍耐強さや我慢強さを基盤に、困難にもめげずに目標達成のために努力するという年です。この新型コロナウイルス感染症の第3波という困難にもめげず、忍耐強さを基に、「3密を避けた新しい医療のスタイル」で、疾患の診断・治療、緩和ケアから在宅医療まで「三州病院だからこそできる途切れのない医療」を幅広く行っていきます。

私の生れ育った地域の皆様に当院を選んでいただけますように、尽力して参りますので、今年も三州病院をよろしくお願い申し上げます。

総看護師長 中村 千鶴

外来看護師長あいさつ

新しい年が明けましたが、現在も新型コロナウイルス感染との戦いが続いております。

昨年は、世界中で新型コロナウイルス感染対策に追われ、過去にない医療体制を強いられました。

当院もスタッフ一丸となり、感染症対策に取り組んだ1年でした。

忙しさの中にも「やさしさと思いやりの心で、患者様の安全と安心、信頼と満足度の高い看護の提供」を目標に医療・看護の質向上に向けてこれからも一層の努力をして参ります。

本年もよろしくお願い申し上げます。

外来看護師長 原崎 礼子

緩和ケア病棟看護主任あいさつ

今年も新型コロナウイルスによる影響で、生活環境の変化を強いられる年明けとなりました。

三州病院では「患者さま中心の質の高い医療」という基本理念として、地域の皆さまに求められるよう安心と安全、信頼と満足が得られる看護の提供をしております。

緩和ケア病棟では「いのちを支え、いのちをつなぐ」を理念とし、看護を提供しております。患者さまがその人らしく生きていけるよう患者さまの生に寄り添い、大切な命がご家族の方々に受け継がれるよう、看護の提供に努めて参ります。

本年も地域の皆さま、患者さま、ご家族の方々にとりまして佳き年になりますよう心より祈念致します。

緩和ケア病棟主任 上田 美由紀

急性期病棟副看護師長あいさつ

昨年より急性期病棟の副師長となり、たくさんの方々からのサポートを受けながらあっという間の一年でした。また、新型コロナウイルス感染症により、新しい生活様式や医療体制が変わり、不安な日々が続いている状況ですが、「患者様中心の質の高い医療の提供」を基本理念として、患者様に安心で安全な看護を目標に、今年も様々な取り組みを通し、地域の皆様に求められる病院として医療や看護を提供して参ります。新しい年が皆様にとりまして佳き一年になりますよう心からお祈りいたします。今年も宜しくお願いいたします。

急性期病棟副師長 成枝 千秋

訪問看護ステーション長あいさつ

訪問看護ステーション“もも”を2018年7月に開設し、2年半が経ちました。がんの患者さまに特化した“もも”は、地域の皆さまの支えのおかげで質の高い看護を提供する事ができ、利用して頂いた方から高い評価を頂きました。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により、生活の見直しを余儀なくされ、新たな価値観、新たな関係等、考えることが多くありました。自宅で療養される場合も、医療機関同様にご家族との協力を図り、予防処置を講じて参りました。

何より地域にお住いの皆さまが安心してご自宅で療養できることを念頭に邁進した1年でした。今後の動向が非常に気になりますが、新しい年を迎え、明るい良い一年となりますことをご祈念致します。

本年も宜しくお願い致します。

三州訪問看護ステーション“もも” 久保田 優子

事務長あいさつ

コロナウイルス第三波まっ只中での年明けに、心からおめでたい気分になれない方が多いのではないでしょうか。

去年の今頃はマスクをしていたら風邪と疑われ煙たがられていましたが、わずか一年でマスクをすることが世界の常識となりました。咳払いすらうかつに出来ない世の中となりましたが、みなさんとアクリル板越しで話さなくてもいい日が一日でも早く来てほしいものです。

日本だけではなく全世界で生活様式や働き方、医療体制ありとあらゆるものが様変わりしておりますが当院の基本理念である「患者様中心の質の高い医療の提供」は変わることなく職員一丸となってコロナ禍を乗り切る所存です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

事務長 中吉 大地

三州病院のあゆみ

1988年(昭和63年) 5月 個人病院として開設
1989年(平成元年) 2月 基準給食・基準寝具承認
全身CT装置導入
12月 三階病室増改築工事竣工
1991年(平成3年) 1月 医療法人「倫生会」設立
6月 電子内視鏡導入
7月 マンモグラフィー(乳房X線撮影装置)導入
11月 手術台増設改築工事竣工
1992年(平成4年) 10月 外来駐車場、敷地内に竣工
1993年(平成5年) 6月 基準看護(基本看護)承認
1994年(平成6年) 4月 基準看護(特Ⅱ類)承認
8月 基準看護(特Ⅲ類)承認
1997年(平成9年) 12月 病院増改築工事竣工(第Ⅱ期工事)
1998年(平成10年) 5月 新看護2:1(A看護)承認
1999年(平成11年) 5月 都城緩和ケア研究会設立
  9月 ヘリカルCT装置導入
2000年(平成12年) 5月 カラードプラー超音波診断装置導入
5月 緩和ケア病棟(10床)承認
12月 緩和ケア専用病棟着工(第Ⅲ期工事)
2001年(平成13年) 11月 日本医療機能評価認定
2002年(平成14年) 1月 緩和ケア専用病棟"さくら"竣工(17床)
2003年(平成15年) 1月 日本外科学会より外科専門医制度修練施設認定
2005年(平成17年) 11月 マルチスライスCT装置導入
2006年(平成18年) 11月 日本医療機能評価Ver.5認定
2007年(平成19年) 4月 一般病棟入院基本料7:1施設承認
2008年(平成20年) 9月 緩和ケア専用病棟着工(第Ⅳ期工事)
2009年(平成21年) 4月 日本緩和医療学会認定研修施設
12月 緩和ケア専用病棟"すみれ"竣工(10床増床)
外来フロア増改築
2010年(平成22年) 5月 三州健康教室100回記念 市民公開講座「健やかな毎日のために」を開催
2011年(平成23年) 7月 整形外科開設
2012年(平成24年) 12月 電子カルテ診療開始
2014年(平成26年) 1月 64列マルチスライスCT装置導入
9月 外科手術用3D内視鏡システム導入
2017年(平成29年) 2月 日本医療機能評価3rd.G認定
2018年(平成30年) 5月 開院30周年