都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > お知らせ > 大腸がんが増えています

お知らせ

大腸がんが増えています

<がん患者>最多86万人…大腸が胃抜き1位

≪以下毎日新聞より抜粋≫

2018.9/15(土)

<がん患者>最多86万人…大腸が胃抜き1位 (2014年診断)

2014年に全国で新たにがんと診断された患者は過去最多の86万7408人だったと、国立がん研究センターが14日発表した。前年推計から約5000人増え、部位別では大腸が胃を上回って2年ぶりに最多となった。日本人に多い胃がんは2年連続で患者数が減り、衛生状態の改善により原因となるピロリ菌の保有者が減った影響と考えられている。

 

新規患者数の内訳は、男性50万1527人、女性36万5881人。≪中略≫近年は特に、男性の前立腺や大腸、女性の乳房や大腸の増加が目立つ。高齢人口の増加で、18年の患者数は101万3600人と予測する。

 

がん統計・総合解析研究部の片野田耕太部長は「細菌やウイルス感染が原因になる胃や肝臓のがんが減少傾向にある一方、大腸がんは増えている。生活習慣の影響が大きいのではないか」と話す。

≪中略≫

詳しい集計結果は、同センターのサイト「がん情報サービス」(https://ganjoho.jp)で閲覧できる。

2014年の罹患数(全国合計値)が多い部位は順に

  1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 前立腺 肝臓
女性 乳房 大腸 子宮
男女計 大腸 乳房 前立腺

当院は、大腸・胃・便秘、乳房の検査・治療に力を入れています

当院は開院より、大腸・胃、乳腺の検査に力を入れており、がんと診断された患者さまには積極的に手術を行っています。2018年10月より、便秘症状にお悩みの方に、毎週土曜(*完全予約制)便秘外来を開設しました。便秘症状のある方の大腸検査にてポリープや大腸がんが見つかることも少なくありません。がんの治療は早期発見がとても大切です。早めの受診と検査を心がけましょう。

院長 横山 憲三

« »