都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > 院内行事

院内行事

2019年 職員ボウリング大会を行いました

 去る8月、レクレーション委員会主催の職員ボウリング大会を行いました。

 当院では院内行事として毎年、3月の新入職員歓迎お花見・8月のボウリング大会・12月の忘年会・もちつき大会を開催しており、今年も夏恒例のボウリング大会を開催しました。

 今年のボウリング大会は、外来部門・急性期病棟・緩和病棟・コメディカルと部署対抗のチーム戦で優勝を競いました。年齢差があるチームや男女混合チーム、腕に自信があるメンバーがいるチームなど様々なチームに分かれ大会に臨み、各チーム優勝を目指して頑張りました。

 今年の結果は、年齢がやや高めの外来チーム(年齢ハンディキャップがあります)が初優勝を飾り大いに盛り上がりました。

 普段はまじめな顔で仕事に取り組む当院の職員もこの日はみんな笑顔でボウリングを楽しんでいました。

 ボウリング大会を通じて、職場で共に働く職員とよい汗をかき、楽しむことで良いコミュニケーション取ることが出来、ボウリング大会が終わるころには、参加した職員同士の一体感がより強くなったような気がしました。 

 これからも職員一同、仕事に、遊びに、楽しく一生懸命取り組んでいきたいと思います。

文責 レクレーション委員会 

冨村 真吾

優勝した外来チーム

 

親睦が深まりました

第27回都城緩和ケア研究会を開催致します

 2019年9月7日(土)13:00より都城緩和ケア研究会を開催致します。

今年のテーマは「アドバンス・ケア・プランニング(人生会議)~心に耳をすませて~」と題し、例年通り一般演題の発表とグループワークを予定しております。

 社会情勢が変化する中、地域の高齢化を実感する毎日ですが、自分がどのようにこれからを過ごしたいか、誰に何を知っておいて欲しいのか、皆さんは話し合う事はありますか?我々医療従事者は時に厳しい場面で、このような人生についてのご意見をうかがう機会があります。社会や家族の事情からその人の想いに添えない事も多くます。改めて地域の中での緩和ケアのあり方を考えたいと思います。

 都城緩和ケア研究会が発足して20年を迎えます。活動を続けながら、県西地域の緩和ケアの啓発に尽力して参りました。これからも皆様のお力添えを頂きながら、顔の見える関係作りや、より良い人生の過ごし方を考える会を続けて参りたいと思います。

 事前申し込みは不要ですので、お誘いあわせの上、会場までお越しください。多くの皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

 

都城緩和ケア研究会 事務局

丸田洋奈・久保田優子

 

 

第27回都城緩和ケア研究会プログラム詳細はこちら

 

駐車場のお知らせ

第15回 緩和・在宅ケア勉強会のお知らせ

 第15回 緩和・在宅ケア勉強会を行います。以下ご参照ください。

 

第15回 緩和・在宅ケア勉強会

 

 若葉の鮮やかな季節、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 患者様が緩和ケアを受ける場所は、病院だけでなく介護施設や在宅などへ移行し、お看取りの場所や形も多様化して参りました。そのことから施設や在宅で行うエンゼルメイクを再度考える必要性の声が上がっております。

 今回、当院の緩和・在宅ケア委員会では、地域の緩和ケアの質の向上を目的として、「エンゼルメイク」をテーマに勉強会を開催する事になりました。

 つきましては、下記の内容で企画致しましたので、皆様にご参加頂きますようご案内申し上げます。

 

 

テーマ『エンゼルメイク』

 

         日 時:                    2019年6月15日(土) 13:30~15:00

         主 催:                    医療法人倫生会 三州病院 
                                       責任者 緩和ケア病棟医長 横山晶子

                 会 場:                    三州病院 3階カンファレンス室
                                         〒885-0037 都城市花繰町3街区14号

               参加費:                    100円(資料代として)

                 定   員:                    30名

 

プ ロ グ ラ ム

 

         13:00~          開   場

                 13:30~14:10         開始の挨拶、講師紹介 

                                     司会がん看護専門看護師

                                                                        久保田優子

                

               講演 『エンゼルメイク』

                                                 講師:緩和ケア病棟師長・ELNEC指導者

                     竹下智美

 

                 14:10~14:50      エンゼルメイク演習

 

                 14:50~15:00       質疑応答、まとめ

 

 

【事務局】〒885-0037 都城市花繰町3街区14号
医療法人 倫生会 三州病院
TEL  (0986)22-0230
FAX (0986)22-0309
E-mail宛先:sanshu2@mx71.tiki.ne.jp
緩和ケア病棟師長:竹下 智美
事務:大野 梓

            

職員もちつき大会を行いました

年末恒例のもちつき大会を開催しました。今年も新入職員を始め、多くの職員が一生懸命餅を突きました。餅を突いているうちに段々と体も温まり、冬の寒さも忘れるほど熱気に満ちたもちつき大会になりました。突きたての餅はとてもおいしく、あんこや大根、きな粉をつけて頂きました。平成最後のもちつき大会となりましたが、2019年もチームワークを大切にし、質の高い医療の提供を目指し、邁進して参ります。

レクレーション委員会 冨村 真吾

楽しくお餅を突きました

平成30年三州病院 忘年会を開催しました。

今年も三州病院忘年会を開催しました。平成元年に開院した当院も、今年30年目を迎え、今年は30周年記念の忘年会となりました。中村先生・木藤先生・野元先生を始め、開院当時から当院を支えて下さっておられる先生方をお招きして、感謝の気持ちを伝えるとともに、楽しく・盛大に忘年会を撮り行うことが出来ました。

会では、バンドの演奏を聴きながら、美味しい料理とお酒、ケーキを頂きました。また、共に働いた仲間と今年1年を振り返りながら、交流を深めることが出来ました。

毎年盛り上がる余興では、今年も6組の有志が出場し、昨年を上回る出来栄え(?)に会場も大いに盛り上がりました。

三州病院では、春の花見、夏のボウリング大会、冬の忘年会と1年を通じて、多くの楽しい院内行事があります。年末には職員もちつき大会も企画しており、スタッフ一丸となって仕事に、院内行事に楽しみながら取り組んでいます。

レクレーション委員会
冨村 真吾

院長あいさつ

 

 

急性期病棟 余興

 

 

事務・検査室 余興

 

 

緩和ケア病棟 余興

 

 

スペシャルダンス

第26回緩和ケア研究会を開催します *終了しました

201891日(土)に都城緩和ケア研究会を開催致します。

今年のテーマは「伝え合おう、学び合おう~地域での緩和ケアのつながりを~」と題し、例年通り一般演題の発表を予定しております。そして今年はシンポジウム形式で、宮崎県、都城市の職員をお招きし、現在取り組まれている活動や、今後の課題などについて行政の立場でご発表頂く予定です。当研究会からは代表幹事より長年取り組んできた研究会の活動について報告します。

 地域でのつながりが一層求められる昨今、行政の立場での話や、現在地域で活動している立場からの話は大変興味深い内容となっております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。事前申し込みは不要ですので、お誘いあわせの上、会場までお越しください。

 

都城緩和ケア研究会 事務局

久保田優子、丸田洋奈

第26回都城緩和ケア研究会

伝え合おう、学び合おう
~地域での緩和ケアのつながりを~

日 時:平成30年9月1日(土) 13:00~16:30

場 所:都城市北諸県郡医師会館  3階講堂   

〒885-0073 都城市姫城町9街区3号 TEL:0986-22-0711

参加費:1,000円

時間 内容
13:00~13:30

開 会 挨 拶

挨拶:荻田 幹夫(藤元総合病院 放射線科)

特別講演

『 癌と深部静脈血栓症(DVT) 』 講師:馬見塚勝郎(藤元総合病院 在宅療養科)

座長:横山 晶子(三州病院 緩和ケア科)

13:30~15:00

演題発表 【発表時間10分、質疑応答5分/演題】

座長     :田中 洋(都城医療センター 外科)

タイムキーパー:廣瀬 美奈子(株式会社ソートフル)

① 患者の望む在宅医療を適切な時期に支援した一事例

三州病院 緩和ケア病棟
○ 松元さやか 岩永裕可里 坂元麻衣子 上田美由紀 
  山下美穂子 久保田優子 中村千鶴 横山晶子

② 退院支援が在宅での看取りにつながった一症例

国立大学法人 宮崎大学 宮崎市立田野病院
○ 立山裕也 中尾直子 奥村智子

③ 直腸癌再発で化学療法中に認知症状が出現した患者の地域との関わりを振り返って

都城市郡医師会病院 外来 
○ 和田宗志 飛松幸樹 山元智子 堀美幸

④ 限られた医療資源を地域で活かす―緩和的放射線治療 アクセスの地域間格差― 

藤元総合病院 放射線治療科1) 在宅療養科2) 
       三州病院3)
○ 荻田幹夫 亀田登 伊集院正臣 村田祐輔1) 
  馬見塚勝郎2)  横山晶子3)

⑤ 皮膚表出がんを有する聴覚障害者のある人の連携を通して
  ~在宅で自分らしく生活するためのチームアプローチの重要性~

訪問看護ステーション優癒
○ 日高幸子 安楽泉 鬼束智恵 徳丸依奈 住吉弥生
  竹上さおり 谷口世志美 廣瀬美奈子

⑥ 地域における緩和ケア研修(都城ELNEC-Jコアカリキュラム研修)の評価と今後の課題

都城緩和ケア研究会幹事 藤元総合病院1) 三州病院2)
○ 米丸順子1) 久保田優子2)

15:00~15:05 休憩
15:05~16:05

シンポジウム:地域での緩和ケアのつながり 【発表時間20分/講師】

座長:荻田 幹夫(藤元総合病院 放射線治療科)

① 当研究会の立場から 講師:馬見塚勝郎(藤元総合病院 在宅療養科)

② 市の立場から 講師:築地洋子(都城市 健康部 介護保険課 包括ケア担当)

③ 県の立場から 講師:山下智代

(宮崎県 福祉保健部 長寿介護課 医療・介護連携推進室)

16:05~16:20 全体を通して質疑応答
16:20~16:30

閉 会 挨 拶

挨拶:横山 晶子(三州病院 緩和ケア科)

【問い合わせ先】〒885-0037 都城市花繰町3街区14号

都城緩和ケア研究会 事務局(三州病院内)

 TEL0986-22-0230、FAX0986-22-0309

E-mail:sanshu2@mx71.tiki.ne.jp

 事務局担当:久保田優子、丸田洋奈

第26回都城緩和ケア研究会ポスター

 

« 過去の情報