都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > 医療従事者へ > 緩和ケア研修(ELNEC-J)が終了しました

医療従事者へ

緩和ケア研修(ELNEC-J)が終了しました

都城緩和ケア研究会主催の緩和ケア研修(2017都城ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム)が無事に終了しました。

このプログラムは、臨床経験3年以上の看護師を対象にエンド・オブ・ライフ(人生の終末期)にある患者様について学び、起こりうる問題を解決できる人材を育てる事を目的としています。宮崎県看護協会が日本で初めてこの研修を主催した記念すべき研修で、当院の研修も協会の許可を得て開催し、今年で3年経ちました。

今回都城地区から8名の熱き心を持った看護師が集まり、月に1回の講義と討議で様々な内容を学びました。最後の講義では、この研修を受けて思い描く1年後の目標をそれぞれ発表し合いました。研修を通してより深く自分を見つめ直し、次へのステップアップに向けた素晴らしい発表でした。最後の記念撮影では皆さんとても素敵な笑顔で、充実感と達成感が溢れていました。

この研修を通して、より良い緩和医療がどこでも受けられるようになる事を願っています。

研修担当責任者:久保田優子

<受講者の感想>
・1年を通して勉強できたことで、自分のモチベーションが上がり、日々患者さんに対して何かしてあげたい、何か出来る事はないかと考えながら看護することが出来ました。熱い想いをもって看護されているのだと感じ、自分はもっと頑張ろうと思いました。

・このプログラムで緩和ケアに関する多くの知識を得ることが出来ました。講義だけではなく、事例の検討もあり、いろいろな意見が聞くことが出来、大変貴重な時間となりました。ここで学んだことを看護に活かしていこうと思います。

« »