都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > 院内行事

院内行事

2017もちつき大会

去る12月28日、三州病院もちつき大会を行いました。寒い日が続いていましたが、当日は天気に恵まれ、職員みんなで楽しくお餅を突くことが出来ました。

2017年入職した職員、2018年に年男・年女、厄年を迎える職員を始め、多くの職員に餅をついてもらい、大変盛り上がるもちつき大会となりました。突きたての餅は、想像以上に美味しく、もちを突いているうちに体も温かくなり、寒さも忘れるほど楽しむことが出来ました。職員からは、「あんこ餅がおいしかった」、「初めて餅を突きました」等の声が聞かれ、笑顔で餅を食べている姿が印象的でした。

2018年も始まりますが、健康に気を付け、仕事に、家庭に頑張って参ります!

レクレーション委員会:冨村

2016 三州病院忘年会

去る2016年12月17日(土)、三州病院忘年会を行いました。

今年の忘年会も、鹿児島大学病院の西尾善彦教授、新地洋之教授、昭南病院院長の朝戸幹雄先生、当院緩和ケア外来を診療して頂いております林章敏先生はじめ、多くの先生方・来賓にも出席して頂き、昨年を越える総勢99名で忘年会を行うことができました。

今年は、忘年会テーマを「チーム三州」とし、2016年、頑張って来た全職員の労をねぎらうとともに、2017年に向けて、当院に関わる全てのスタッフが「チーム三州」として一致団結し、「患者さま中心の質の高い医療の提供」を実現すべく、一人一人が前進していこうと決意する場ともなりました。

また、余興の段では、西俣室長の社交ダンスや外来スタッフによるコント、男性看護師による漫才などもあり、職場では見られない一面も垣間見え、とても楽しく、あたたかな時間をすごすことができました。患者さまに必要とされる病院となるべく、2017年も全職員頑張ってまいります。

レクレーション委員会

%e5%9b%b31 %e5%9b%b32 %e5%9b%b33%e5%9b%b34

三州ボウリング大会2016

8月20日、都城ハイレーンズにて職員ボウリング大会を行いました。会場には、「三州病院 ボウリング大会」の横断幕が張られ、院長先生をはじめ、病院スタッフは病院オリジナルのポロシャツや法被を着用し、とても盛り上がる大会となりました。団体5チーム、総勢56名が参加し、運動不足の方、絶好調の方など、チームの1人1人が力を1つに合わせ、和気あいあいとした雰囲気の中、楽しい時間を過ごすことが出来ました。私も来年は優勝目指して頑張ります!

検査室:毛利 友衣奈

%e5%9b%b31 %e5%9b%b32 %e5%9b%b33

お花見をしました

3月26日、上米公園にて当院主催のお花見を行いました。過去3年は天候不良により中止となった為、今年のお花見は2012年以来4年ぶりの開催となり、久々のお花見に職員一同楽しみにしておりました。桜の花は満開とはいきませんでしたが、当日は天候にも恵まれ、おいしいお肉と飲み物が用意され、楽しいお花見となりました。
お花見には院長先生をはじめ、4月から新たに勤める新入職員や現病院職員とそのお子さんだけでなく、調剤薬局や日清医療食品、外部業者の方など、当院が普段からお世話になっている方々も参加して頂き、総勢85名で親睦を深めることができました。職場では見られない職員の笑顔や普段話せない事をざっくばらんに話すことが出来ました。参加した職員からも「とてもよかった」「楽しかった」との声も多く聞かれ、参加者全員の親睦がとても深まったと思います。
今年は院長先生から子供たちへのサプライズプレゼントもあり、病院と職員、その家族まで含めたアットホームな花見となりました。

レクレーション委員会:冨村 真吾

IMG_0345

三州ボウリング大会♪

去る、7月11日、都城ハイレーンズにて職員ボウリング大会を行いました。
今回のボウリング大会は、団体賞の賞金増額や年齢ハンデやなどを設け、盛り上がる大会となりました。賞金を手に入れようと燃えるスタッフや和気藹々と楽しむチームなどなど…、それぞれ良い時間を過ごすことが出来たと思います。

ボウリング大会2015

レクレーション委員会

第3回糖尿病教室開催

第3回糖尿病教室が5月25日に開催されました。
1)外食時の注意点、2)糖尿病の薬について、3)糖尿病の検査についてテーマに谷山管理栄養士、内野薬剤師、今村検査技師よりお話がありました。
夫婦で参加できてよかった、食事について考え直す機会になったと良い意見を頂きました。
9月から3ヵ月間、再度同じ内容で教室を開催するので是非ご参加ください。第3回糖尿病教室

糖尿病委員会  竹原 けい子

« 過去の情報