都城市 三州病院

(財)日本医療機能評価機構認定施設

宮崎県都城市花繰町3街区14号 地図

(0986)22-0230 / FAX (0986)22-0309

HOME > 患者の皆様へ

患者の皆様へ

患者の皆様へ

当院は、「患者さまの権利」に基づいた医療の提供のために、以下の事項を遵守します。

患者さまそれぞれの...

  • 「基本的人権」の遵守
  • 「幸福」の追求
  • 「価値観」「選択権」の尊重
  • 「公平」な処遇

患者さまは、患者さま自身の「からだの責任者」として、以下の権利を所有します

「真実を知る権利」「真実を知りたくない権利(知りたくない権利)」
理解し、納得するまで繰り返し自由に質問することができます。また、知りたくない内容については、その権利を放棄することができます。
「自主判断・自己決定する権利」
説明を受け、真実を知った後に、判断・選択・決定することができます。
「同意の拒否・撤回・変更要求の権利」
説明を受けた後、同意を拒否することができます。また、同意をした後に、それらを撤回することが出来ます。さらにそれらの同意を変更することができます。
「治療を拒否する権利」
受けたくない治療に関してそれを拒否することができます。

医師および医療従事者は、患者さまの望む医療の選択のため、以下の義務を果たします

「説明する義務」
医師を含め医療従事者は、患者さまに説明をしなければなりません。
「守秘の義務」
業務上知り得た患者さまや患者さまの家族、関係者の個人的、公的情報を他に漏らしてはいけません。
「紹介する義務」
患者さまの一日も早い回復のために、適切な医療機関に紹介をしなければなりません。

医師および医療従事者は、最善の医療をおこなう為、以下の権利を託せられています

「裁量権」
臨床医学が持つ本質的不確かさより起こる事柄に対して、医師および医療従事者の学識経験に基づいて判断し、診療行為をおこないます。
「医療技術を行使しない権利」
自らの良心や価値観に反することに関しては、患者さまからの要求があっても医療技術を行使しない権利です。

<医療は「患者さまの自主判断・自己決定」に従いおこなわれます>

<患者さまは「患者の権利」を有しますが、権利には義務と責任が伴うものです>

患者のみなさまの義務について

 

当院は、患者様中心の質の高い医療の提供を基本理念とし、
「患者さまの権利」に基づいた医療の提供を目指しています

最善の医療を提供していくためには...
患者のみなさまとの協働が必要となります
患者のみなさまによる医療への主体的な参加のうえに成り立ちます
患者のみなさまが果たすべき義務と責任について以下のようにお知らせいたします

 

患者さまの義務

正確な情報を伝える義務

患者さまは、効果的な検査や治療を受けるため、自らの過去の病歴を含む健康に関する情報(症状、既往歴、入院歴、手術歴、内服状況、アレルギーなど)を医療者に正確に伝える義務があります。

医療者とのコミュニケーションに協力する義務

患者さまは、ご自身が受ける医療に関して不明な点や不安がある場合には、自ら質問することや自分の気持ち、考えを伝えること、または必要に応じてカンファレンスに参加し、積極的な意見交換を行うことや、患者確認を含めた診療行為に協力する義務があります。

治療に関わる指示やアドバイスを遵守する義務

患者さまは、治療効果を最大とするために、医療者からの説明に基づいた提案について十分に理解することに努めたうえで同意された治療計画等を遵守する義務があります。よって医療者の指示やアドバイスまたは治療計画等に従わず生じた結果についての責任は患者さまご自身にあります。

他の患者さまへ配慮する義務

患者さまは、他の患者さまのプライバシーや個人情報及び、権利を尊重する義務があります。また他の患者さまに迷惑をかけないために当院の規則および公共の場のルールを守って行動する義務があります。

迷惑行為を行わない義務

患者さまは、他の患者さまや見舞客および職員等に対して、いやがらせ、暴言、暴力、セクハラ等の反社会的行為などを行ってはなりません。なお、迷惑行為と認めた場合には法的責任が問われる場合があります。

医療費を支払う義務

患者さまは、当院で受けた医療に基づき請求された医療費について、必ず外来受診当日または退院日、もしくは当院が指定する期日までに速やかに支払う義務があります。

医療の限界を認識する義務

患者さまは、現在の医療に医学、社会、経済、倫理等の様々な要因により限界があることを認識する義務があります